拉麺旬報 > 日本散歩 TOP(フレーム) > 函館

日本散歩


函館ハイカラ號

函館二日目。
まずは駅前から路面電車に乗り、終点のどつく前駅を目指しました。

チンチン電車


観光客の為に、日に数本、昔ながらの木造車両の函館ハイカラ號が走っています。でも、木目の柔らかさとは裏腹に線路のデコボコをもろに拾ってしまい、ガタガタビシビシ、乗り心地はかなり悪いです…(^^ゞ

チンチン電車


そして着きました、終点のどつく前駅。”ドック” ではなく、”どつく” です。(^^ゞ

五稜郭


高龍寺

『どつく前』から西に歩いて坂を登ると、小学校の先の左手に、高龍寺の山門が現れます。

高龍寺


とても力強く緻密な造りをしています。その壮厳さは写真では表せません!

山門


本殿も凄いですねぇ。それにイチョウの巨木の蔭の鐘つき堂とレンガを使った蔵。
檀家の財力が窺い知れます。

本殿 蔵


外人墓地

高龍寺から更に西へと歩くと、右手に外人墓地が現れます。
まずは、中国人墓地

中国人墓地


ロシア人墓地

ロシア人墓地


すずめ

すずめ


プロテスタント墓地

プロテスタント墓地


そして、函館山を背にした地蔵寺の墓。こちらは日本人。
墓石の基台が特徴的です。

地蔵寺の墓 地蔵寺の墓


海を見下ろす高台の墓。こんな所の墓だと湿っぽさもなくいいですね。

そんなことを思い墓地を後にし、再びどつく前駅に戻り路面電車に乗りました。
軌道を降り返すため、車両の前後に運転席があります。

路面電車



   

日本散歩
Copyright(C) 1996-2003 Raumen Syunpou. All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO