title
2006年10月9日(月)晴れ
 出雲の散歩 〜出雲〜

はじめに
JALマイル消化の散歩。先月の熊本に続きその第二段です。
今月はどこにしようかと考え、博多ラーメン、讃岐うどん、宮崎のモアイ、青森の三内丸山遺跡、札幌ラーメンなどの候補から、最終的に出雲にしました。

とは言うものの出雲で聞いたことのある場所は出雲大社くらいしかなく、「出雲っていったいどんな所で何があるんだろう…。」とミステリーツアーの気分で散歩に出かけました。

◇◆◇◆◇

レンタカーのネット予約
今回気付いたのですが、トヨタレンタリースではネット予約が3時間前まで可能になっていました。以前は他社と同様に3日前までだったと思います。10月9日は丁度出雲駅伝の日。その関係者の為に車が出払っているとマズイと思い、朝家を出る前にネット予約をしようとしました。しかし安めのクラスをいくつか見ても空車がありません。高いクラスにすればいいのでしょうが、普段乗っている車より明らかに劣る車に一日一万円も出すのはアホらしくてできません。そこで結局今回も現地で手配することにしました。

◇◆◇◆◇

羽田空港
祝日の為か渋滞がほとんど無く早く着き過ぎました。なので出発まで飛行機を見て時間をつぶしました。子供じゃないですが見だすとこれが結構面白いです。飛行機ヲタクになった気分です。各機体毎にJA****の様に機体番号があるので、機体の写真コレクションをするのもいいかもしれません。

JA8565: A300B4-622R
JA8565

JA752J: B777-346 チームマイナス6%
JA752J

JA8377: A300B4-622R
JA8377

JA8038
JA8038

今回、行きは空港のチェックイン時にクラスJが空いてたのでそれにしました。1時間とちょっとですが1000円でこの違いはありがたいです。と言うか以前も書きましたが、巨額の債務と赤字経営なのだからお客がお金を出しそうな所からはもっと取ってもいいと思います。前回の熊本も今回の出雲も地方路線なのに行きも帰りもほぼ満席でした。それなのに赤字っていうのはどういう経営なのでしょう…?早いところまともな経営になって私の含み損も解消してほしいです。

そんこんなで時間をつぶし機上の人になりました。

この日はとても良い天気で遠くの山まで見渡せました。紅葉の始まった手前の木曽山脈。既に雪を被った奥の飛騨山脈。標高と緯度を実感できます。

機上

飛騨山脈を手前の御嶽山から乗鞍岳方面を望む。

機上

機上 敦賀湾。

フィルターを使わなくても空が青々としています。宇宙線がきつそうです。

丹後半島。
ここから先は遠くに壱岐諸島が霞んで見えるだけで海側は陸地が見えなくなりました。

機上

◇◆◇◆◇

出雲空港
出雲空港 そうこうしている間に出雲空港へ到着。

前から思っているのですが、滑走路のこの番号はなんでしょう?

と思ったら滑走路の角度だそうです。写真の07だと真南から時計回りに70度と言うことになります。滑走路ごとの名前にしては変だなぁと思いました。

空港のカウンターで先ずはレンタカーの手配。
ネットでトヨタの安いクラスは空車が無かったので、目に留まったマツダレンタカーのカウンターに行きました。デミオクラスが空いているかと聞くと運良く空いてました。すぐさま他の二組の人達と送迎のバンに乗りレンタカー屋の事務所へ。他の人達は予約をしていたそうで一番最後の手続きとなりました。今回も免責0は掛けませんでした。

車種は初めて乗るデミオです。1000ccなのか1300ccなのか知りませんが、サイドブレーキを引きずっているのかと思うような加速で、慣れるまで調子が出ませんでした。『コンパクトカーは軽い車重でキビキビ走るもの』 と勝手に思っていただけに、これはこれで新鮮な驚きでした。

◇◆◇◆◇

出雲文化伝承館
出雲文化伝承館 そんな車でまず初めに向かったのはレンタカー屋でいくつか教えてもらった出雲そばの店の一つ。

それはこの出雲文化伝承館の中にあります。ダイソーの100円ガイドブックでは入館料大人500円とありますが無料でした。



羽根屋 中に入ってさっそく献上そば羽根屋と言うそば屋に入りました。このような施設の中にあり しかも立派な店構えなのでそれなりの値段を覚悟しましたが、メニューを見ると至って常識的な値段でした。

メニューの中からとりあえずは出雲を代表する割子そば@630円にしました。そばが三段に重ねられていて薬味とつゆをかけて食べます。

割子そば割子そば

繋ぎのトロロが味わい深さと咽越しの滑らかさを醸し出していてなかなかいけてます。今回ここの他二ヶ所でそばを食べましたがここのが一番うまかったです。濃厚なそば湯も特徴的でした。

せっかくなので文化伝承館の展示を見てみましょう。
下は出雲の大地主の家を移築保存したもの。懐かしさを覚えます。

出雲文化伝承館出雲文化伝承館

下左)須恵器 子持壺。初めて見る形です。@上塩路築山古墳
下右)日本一の石棺。レプリカの中に入れ、人の背丈以上の高さがあります。@今市大念寺古墳

出雲文化伝承館出雲文化伝承館

◇◆◇◆◇

出雲駅伝
この後出雲大社に行きたかったのですが、この日はちょうど学生駅伝をやっていました。そしてその為の交通規制があるのでそれをやり過ごすことにしました。

出雲駅伝出雲駅伝

第5中継所の出雲ワイナリー。選手は皆とんでもない速さで走っていきます。

出雲駅伝出雲駅伝

島根ワイナリー 全てのたすきが渡ると蜘蛛の子を散らすように客がいなくなりました。しかし駅伝は出雲大社方面へ走っている為、もうしばらく時間を置く必要があります。そこで巨峰ソフトクリームを食べ、ワイナリー内の土産物屋を物色しました。

館内に入るとたくさんの人がワインの試飲をしていて芳醇としたワインの香りがしてきます。しかし残念ながら車を運転しているのでそれはできません…。
あと鬼太郎関係のグッズもありました。そう言えば、ここから鬼太郎の町は近いです。

島根ワイナリー島根ワイナリー

島根ワイナリー

◇◆◇◆◇

出雲大社へつづく


Copyright(C) 1996-2006 Raumen Syunpou. All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO